りゅうのブログ

グルメ半分、その他半分

そば界のアーティスト

久米川の「手繰りや玄治」さん。

片手で数えるほどしかない自分の行きつけのお店の一つです。

北多摩方面のそば店では一頭地を抜く実力店だと思います。

 

季節感を大事にしているのが一つの特徴。

もう一つの特徴は、女将さんの力も大きいようですが、アーティスティックな趣が随所に感じられるところ。

 

数年前の初夏の便り

 

季節ごとの案内は絵葉書で届きます。

初めてもらった時はビックリしました。

素人芸の域を超えてます。

聞くところによると、女将さんは正規の美術教育を受けた方だそうで、道理で素人じゃないわけです。

 

秋初月のおすすめ

 

毎月のお品書きも女将さんの作。

それを観るのも楽しみです。

 

葉書はサービス券でもあります。

持参者には一品サービス。

今回は夏野菜のミルフィーユでした。

深めのカクテルグラスにやまいも、トマト、かぼちゃ、モロヘイヤなどを重ねて詰めて酸味のあるジュレで綴じた力作。

ミルフィーユと言うよりプ―スカフェでしょう。

プ―スカフェと説明してもわかりそうもないから、ミルフィーユと命名したんじゃないかな?

 

 

このひと品に既に玄治さんのすごさが凝縮されていると言っても過言ではありません。

白赤緑の三段重ね、赤と緑は補色関係。

濃く鮮やかな色彩を上部の置きつつ、色彩が過剰にならないように白を下段に配すバランス感覚。

カラーコーディネートのセオリーを女将さんから伝授されてると思いますよ。

そば店や日本料理店で修業したって、そこまでは習得できないでしょう。

 

いちいちこの密度でレビューしてたらキリが無いので、以下サラッと。

 

 

ランチタイムの訪問でしたが、ビールで乾杯した後、お酒を2合。

1合目は自分の大好きな風の森を。

 

 

おつまみはシーズン終盤の稚鮎天から。

鮎は檜のげたの上を群泳しています。

サクッとほろ苦い見事な揚がり具合。

 

 

夏バテ防止にニンニクの丸ごと揚げを。

これは東村山産とのこと。

ニンニクって揚げると甘~くなるんですね。

 

選んだのは左の方

 

お酒2合目は地元の銘酒、屋守(おくのかみ)。

ヤモリのことですね。

以前はなかなかお目にかかれないレアなお酒でした。

今でも特約店でしか小売りしてないので、自宅で呑むには通販を利用するか、特約店まで買いに行くかしないといけません。

それだけの価値はあるお酒だと思います。

 

 

丑の日に鰻を食べそこなったので、鰻巻きを頼んでみました。

 

 

そば前最後は鱧の一本揚げ、柚子塩添え。

鱧天も時々食べますが、一本揚げは珍しい。

鰻や穴子で言うめそ級かもしれません。

 

〆のそばは、夏を味わうためのだちそばと新そばを味わうためのせいろにしました。

 

 

玄治さんのすだちそばの良いところは出汁氷がトッピングされてること。

ベースの冷やかけも同じ。

これを手繰らないと夏を越せません。

 

 

夏新もけっこうな食味でした。

昔の夏新は微妙に草っぽい風味がして、秋新に一歩二歩譲るような気がしましたが、今はそんな違いはあまり感じなくなりました。

 

あれやこれやで2人で7千円ちょっと。

お手頃でしょ。

だから玄治詣はやめられない。w

ご馳走様。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヴィトンに酔い、ヴィトンで酔う

ブランドものにはあまり興味はない方ですが、今より羽振りが良かった若かりし頃にルイ・ヴィトンにはまったことがあります。

 

出張先で

 

ファッション性よりも実用性重視でいろいろ集めました。

それほど珍しいものはありませんが、木箱屋から出発したヴィトンの原点とも言うべきトランクは、小さいながらも1つ持ってます。

45㎝のコトヴィル。

小ぶりながらもけっこう重い。

 

元来、ヴィトンのトランクは荷物運びの従者を召し抱えるような立場の人が使うものだったので、重さには頓着しなかったと言われてます。

だからオーナー自ら持ち運ぶのは正しい使い方ではないわけです。

しかし、カバン持ちを雇うわけにもいかないので、自分で汗をかきかき運んでいます。

 

 

腕時計も比較的珍しいかも。

もちろん正規店でしか買わないわけですが、銀座のお店で「腕時計を見に来た」と言ったら、15,000,000円のを薦められて仰天しました。

「お試しください、どうぞ、どうぞ」と言われましたが、怖くて試せませんよ。

買ったのは、ローエンドのシンプルなやつ。

でも、気に入ってます。

ごてごてのよりよっぽど良い。

飽きが来ないし。

 

   1本目を空けると、すかさず2本目を持ってこられちゃうので、要注意w

 

ひと頃は、自分が店に入っていくと、なじみの店員さんがシャンパンとおつまみを出してくれたものです。

別室で接客とまではいかないので、衆人環視の中でグラスを口に運ぶことになります。

何だかちょっと恥ずかしかったです。

「何、この人?」みたいな他のお客さんの視線がね。

 

財産としての価値はどのぐらいかわかりませんが、子孫がいない自分はトランクを引き継いでもらう相続人にとして、前記事で登場願ったM子を指名しています。

ヒールを履けば180を超す長身で、西洋人並に well built な美女なので、さぞや似合うと思います。

 

旧ブログでも同じようなことを書いたことがあります。

M子のことを書いて思い出したついでにこちらにも書いてみました。

 

 

 

 

 

前そば、中そば、〆のそば ―― 手打ちそば屋さんのフルコース

「そば前」に非ず。

「前そば」です。

 

前記事で紹介したお店に行ってきました。

佳蕎庵@小平市小川町。

「蕎麦、美酒、健肴」をモットーにしている手打ちそばのお店です。

 

 

利用目的をあえて書くとデート。

自分的には誕生祝も兼ねるつもりでした。

デートのお相手は長年良い関係を続けているM子。

誕生祝は自分のです。

なので、お得なセットメニューというわけにはいかず、おまかせのコースを予約していきました。

 

 

M子は、以前はお酒を多少嗜んだのですが、今はノンアルの人。

お茶で乾杯では格好がつかないので、庵主(店主のことを自分は勝手にこう呼んでますw)に乾杯用のノンアルのシャンパンを頼んでおきました。

 

 

自分は乾杯の後は日本酒。

コースとは言え、位置付け的にはそば前ですからね。

ずっとノンアルのシャンパンというわけにはいきません。

まずは十四代

 

 

前菜は定番の焼味噌や板わさを含めて小鉢いろいろ。

地野菜もお店の定番。

 

 

次は懐石の常道に従って「椀」です。

これが「前そば」になります。

今回は夏らしく冷やかけを台にした鱧そばでした。

もちろん、鱧は梅肉添えの湯引きです。

そばは青森階上早生二八。

 

次はお造りで、一品ずつの3品。

 

 

宮城の帆立。

これはレモン塩で。

塩はフランス産のゲランデの塩だそうです。

庵主のこだわり、すごいです。

 

 

長崎のイサキ。

夏の魚ですね。

 

 

鹿児島の鯵。

通年で食卓に上る鯵も夏が旬。

 

いずれも庵主肝いりのチョイスです。

 

 

お酒2合目は而今

 

 

たぶん、次がこの日の実質メインで生牡蠣。

珍しい4年物かな?

LLサイズの実にりっぱな牡蠣でした。

食味も上々。

クリーミーこの上無し。

牡蠣好きのM子さんはすごく喜んでました。

 

 

次に玉子焼き。

いつもと違って鰻巻きでした。

土用の丑の日からそう日が経ってないですから、季節感を演出したわけですね。

それとプレミアム感と。

庵主の作るデフォルトの玉子焼きも絶品なんで、それはまたいずれ。

 

 

ここで中そばが挟まりました。

鴨のぶっかけ。

鴨はとろけるようなロース。

台は生粉(十割)で、成田夏新。

 

 

お酒3合目。

開運の「涼々」。

夏の酒はあまり好きじゃないのですが、これは当たりでした。

クセ無く、さっぱりし過ぎず、適度に芳醇。

 

 

天然海老の天ぷら。

甘いです。

添え物の椎茸も普段のとは明らかに違う超肉厚の一品、いや逸品。

 

 

M子のリクエストで冷たい韃靼そば茶を。

ビジュアルはレモンサワー風。

味もごく淡くて、飲みやすい。

和み水代わりにうってつけ。

 

 

この後が〆そば。

粗挽き2種。

三芳大地ともう1種はちょっと不明。

いつもはそばの産地と品種を掲げたボードの写真を撮るのに、この日は撮り忘れまして。

慣れ親しんだ仲とは言え、M子の「圧」に負けたか。

そうとしか思えない。

 

それはともかく、もりで手繰る粗挽きの香と味の濃さは格別です。

江戸そばの洗練とは別種のワイルドな魅力を感じます。

 

 

これだけいろいろとお腹に入ると、腹八分目を越えて、九分目ぐらい。

でも、今季初の夏新にお目にかかった日なので、生粉をもりで追加してもらいました。

残念ながら、粗挽きの後だと、せっかくの新そばも色褪せちゃいますね。

プロが組んだオーダーの意味を思い知らされる結果になりました。

 

 

デザートは水菓子。

デラウエア+パッションフルーツ+ブルーベリー。

ブルーベリーは地元小平産。

ちなみに、小平は日本で初めてBBの商業栽培に成功した町なんですよ。

 

庵主には誕生日企画のことは内緒にしてたので、特にそれらしい趣向は無し。

帰りにそっと渡されたM子からのプレゼントはスコッチウイスキーでした。

かなりピート感強めで知られる銘柄のね。

なかなかマニアックな選択。

うれしいですね。

 

お世辞抜きに美味しいそば、美味しい酒と肴、そして飛び切りの美女。

この幸せはいつまで続くんだろう?

この頃ついそう考えては気弱になってしまいます。

下り坂を歩む男の嘆きです。

 

 

 

「名店」考

「名店」という言葉はあまり好きではありません。

「有名店」という本来の語意や語感が気に食わないわけではなく、どうも最近乱用され過ぎのような気がしているからです。

言葉のインフレ。

誰もが飲食店のレビューを書くご時世です。

言葉の選び方に慎重な人もいれば、無頓着な人もいるわけで、いちいち気にすることもないでしょうけど、性分だから仕方ない。

 

「銘店」という言葉もあります。

発音は同じでしょう。

手元の古い『広辞苑』には出ていませんが。

ブランド(暖簾)として確立されたお店というニュアンスがあるように思います。

したがって、ある程度歴史のある老舗にふさわしい。

 

名店にも銘店と似た意味合いを自分は感じます。

だから、開店して何年もたってないお店のことを、人気がある、グルメサイトで評価が高いという理由で「名店」と紹介しているのを見ると、違和感ありありです。

 

じゃあ、お前は何と表現するんだと言われそうですね。

自分的には「人気店」とか「実力店」などを自分なりに見定めたお店の性格に合わせて使い分けしています。

「名店」も使いますが、ごく限られたお店にだけです。

例えば、そば店を例に挙げるとすると、並木藪蕎麦なんかは「名店」としか言いようがないと思います。

 

今週、誕生日企画の第二弾として、小平の某そば店さんで一杯やることにしてますが、そこなんかは「実力店」と呼ぶにふさわしいと思っています。

その実力のほどは、次の記事で。

 

 

 

 

 

わが家にもついに来た、ハクビシン

野生動物に庭を荒らされました。

犯人はたぶんハクビシン

20年以上庭で果樹や野菜の栽培を続けてきましたが、初めてのことです。

 

今まで食害はスズメやヒヨドリなどの野鳥だけだったんですがね。

突然の獣害です。

しかも、わずか1週間ほどの間隔で2回も。

1回目の被害の後にそれなりの対策をしたのに。

大ショック。

 

 

夜襲なので姿は見ていません。

では、なぜ犯人がわかったのかと言うと、行動特性から。

1回目の被害の時は完熟には程遠いヤングコーンがやられました。

被害状況を確認していて気付いたのが大量の糞。

漆黒のけっこう大きな糞が4山もありました。

複数で来たんでしょうか。

 

汚い画像でごめんなさい

 

いわゆるため糞というやつで、これをするのはたぬきかハクビシン

ハクビシンと睨んでいるのは、トウモロコシの茎がほとんど倒されずに、実だけが被害にあったため。

たぬきだと実を食べる時に茎を倒してしまうそうです。

 

人の出入り用の可動部分を狙われました。

 

そしてブルーベリーも防鳥ネットを突破されて食害されたのですが、侵入口が上の方にあったのもたぬきらしからぬ特徴じゃないかと思ってます。

たぬきなら、下からいくらでももぐり込めるのに、わざわざよじ登らないでしょう。

 

テレビ番組でハクビシンの被害で悩まされているお宅の惨状を見たことがあります。

中には家屋に浸入されて、天井裏を糞尿で汚されてるお宅もあるようで、それに比べればぜんぜんマシかとは思います。

でも、やっぱり数少ないコロナ禍での楽しみを奪われたのは悔しい。

 

今後どうやってわが庭の作物を守るか。

野生動物に危害を加えるわけにはいかないので、専守防衛が基本方針。

対動物用の強力なネットに交換するしかないかな。

面倒だけど。

たまにはグルメ

「グルメ半分、その他半分」と言いながら、ぜんぜんグルメな記事が無かったので、今回は久しぶりの外食のお話。

 

7月は自分の誕生月。

祝い膳のつもりでフレンチのコースを食べてきました。

 

 

行ってきたのは、如水会館

一橋大学の同窓会が東京会館に委託して運営してる施設です。

和洋のレストランがありますが、和の方はまだ使ったことがありません。

 

 

まずは定番のシャンパンで乾杯!

アミューズはポークリエット。

ちょっぴりスパイシー。

 

 

前菜は「ウニのババロアとズッキーニ ガスパッチョに浮かべて」

全体に保守的な傾向が強い東京会館にしては洒落た一品。

 

スープは冷製のパンプキン。

これは至ってオーソドックス。

でも、微妙にスパイシー。

スパイスがこの夏のテーマ?

 

 

ここで白ワイン。

 

 

魚は夏の主役「スズキのポワレ ラタトゥイユ添え」

ラタトゥイユの他にベビーコーンや姫竹も添えてあって、ビジュアルもOK。

スズキもスズキらしからぬ旨味を感じさせてちょっと感心。

 

ワイン2杯目はもちろん赤。

 

お肉はサーロインのグリエで、柚子胡椒風味。

やっぱりペッパーなスパイシーさがテーマだったようです。

サーロインはしかし硬かったです。

残念。

 

 

デザートはバースデープレート。

今まで女性の誕生祝を2回やったけど、その時より地味かも。

 

記念撮影はお店のカメラと持参のカメラで計7ショット。

これは新記録ですね。

普通は2×2で4枚。

ありがたいことです。

 

 

2時間弱でコース終了。

最上階の一橋クラブに河岸を変えて食後酒を1杯。

 

 

自分はマティーニを。

連れはお酒は十分と言うので、ジンジャーエール

 

 

窓辺のボックス席から外に目をやると、毎日新聞の社屋越しに皇居の緑地が広がっています。

天気のせいもあってか、写真だと発色がパッとしないですけど、緑は目に優しいし、心も穏やかにしてくれます。

ここのラウンジは2時から4時までは食事の提供がお休みで、ドリンクのみの提供になるので、実質中休み。

なので、貸し切り状態でした。

静か。

落ち着きます。

自分にとってのホームだし。

束の間の幸せ。

 

 

 

 

 

ウルトラマン記念日

今日、7月10日は「ウルトラマンの日」だそうです。

1966年(昭和41年)のこの日に『空想特撮シリーズ ウルトラマン』の前夜祭が放送され、ウルトラマンがテレビ初登場したというのがその理由。

昨日まで知らなかった。

 

 

歳がバレますが、その頃のことはよく憶えてます。

最初にマンを知ったのは、放送が始まる少し前のこと。

文具屋さんで表紙にマンとぺギラの絵が描いてあるノートを見つけて買ったのがファーストコンタクト。

Qを見ていたので、ウルトラ怪獣には親しんでいたのですが、ウルトラマンについては予備知識ゼロ状態だったので、率直な感想は「何じゃこりゃ?」でした。

画家さんも見たことないものを描かされたんでしょうね。

何だか仮面をかぶった巨人のように見えました。

『アルゴ探検隊』の巨像タロスみたいな、ね。

 

 

あれから56年‥‥

先月、『シン・ウルトラマン』を観ました。

Qや初代を知ってる人のために作られたような作品ですね。

そう感じました。

ありがたいことです。

製作に携われらた皆さんにブログ上深謝。